経営者の皆様事務処理について、このようなお悩みはありませんか?

  • コスト 繁忙時(月末月初)のために確保しているキーパンチャーコストを見直したい。
  • 正確性 紙帳票を目視しながらのシステム入力はミスが怖いのでやめたい
  • スピード 契約書や伝票・帳票の原本から必要な情報を探し出すに時間が要している。
  • セキュリティ 重要な書類の原本を社員の自宅に持ち込ませたくない。

※AI-OCRとは、手書き書類や帳票の
文字読み取りを行い、データ化するサービスです。

資料ダウンロード・お問い合わせはこちら

「かみ⇒デジ with AI inside」とは?

「かみ⇒デジ with AI inside」は、AI技術※を活用した最新のOCRサービスです。
従来のOCRでは読み取りが難しかった手書きの帳票やFAX、画像の粗いPDF等のテキストデータ化により人件費・入力ミス・保管スペース等を削減が期待できます。
株式会社エクスブレーン独自のオプションサービスを活用いただければ、各種システムへのインポートデータの作成工数が不要となり、帳票処理プロセスのDX化を阻むラスト・ワン・ステップを解決できます。
※AI inside株式会社提供の文字認識AI

1 書類・帳票をスキャン、アップロード 2 AIを使ってデータ化 3 読み取り結果をファイル出力 さらに 4 ご希望のシステムへ取り込み可能!!

「かみ⇒デジ with AI inside」の3つのおすすめポイント

  • ポイント1 読取精度
    20,000文字を超える
    トライアルの結果、
    導きだされた読取精度
    96.71%
  • ポイント2 稼働削減
    社内システム等にデータを取り込み、
    担当者の入力時間を削減!
    削減率単純平均
    91.69%
  • ポイント3 利用者画面
    直感的で使いやすい
    ブラウザベースの利用者画面

※1)2018年8月~9月にNTT東日本が3社に対して行ったトライアルにおける、申込書・現金通帳(手書き文字を含む20,275文字)の読取精度(正解数/全文字数)の平均。
※2)トライアル前(2018年7月)とトライアル時(2018年8月~9月)の申込書・現金通帳(対象帳票数3,900枚)の読取~システム入力にかかる帳票1枚あたりの処理時間削減率を3社で単純平均した結果。

こんな文字が読み取れます
くせ字 枠 はみだし 訂正印

高い読み取り精度を実現する
2つのポイント

1
歪み補正
画像の歪み・傾きを自動補正し読み取り箇所を検出
自動補正
+
2
ディープラーニング
 
文字を判別する特徴量の決定自体も大量の手書きデータと教師データを読み込ませ自動で実施
さらに、ユーザーが読み取った画像の学習も実施
サの特徴量をもつので「サ」だ! 照合判定 ディープラーニング 識別用特徴量をAIが設定 機械学習 ※AIが設定した特徴量は人間には理解不能

ご利用の流れ

1.スキャン&アップロード 書類・帳票(紙・画像・PDF)のスキャン&アップロード 2.データを弊社へ送付 Microsoft Teams※を利用し、弊社へ共有 ※貴社でのMicrosoft Teamsのご契約は不要 3. オプションサービス 「かみ⇒デジ」に取込み AI技術を使って テキストデータ変換 変換結果チェック 弊社チェック部門による目視確認&修正 データ加工 貴社システムインポート用データ作成代行 納品 Microsoft Teamsを利用し、作成したインポートデータを納品  オプションサービスとは 貴社よりスキャン&アップロードされたデータに対して、「かみ⇒デジ」を操作してテキストデータ化する作業を弊社にて代行します。加えて、貴社ご利用中システムの取り込み形式に合ったインポート用データを作成・納品まで代行するサービスです。「かみ⇒デジ」利用開始の際に必要な紙帳票類のパターン登録設定作業もご支援いたします。※当日・翌日納品の特急対応オプションもご用意しております。4.システムにインポート システムインポート前にお客様にて最終確認をお願いします。
オプションなしの場合
1 スキャン&アップロード 書類・帳票(紙・画像・PDF)のスキャン&アップロード 2 「かみ⇒デジ」に取込み AI技術を使ってテキストデータ変換 3 変換結果チェック 貴社による目視確認&修正 4 データ加工 貴社システムインポート用データ作成 5 システムにインポート システムインポート前に最終確認を

ご利用料金

初期導入費用
スキャナーとインターネット接続環境があれば
0
月額利用料
基本利用料
トライアル版  基本メニュー Sプラン トライアル期間30日間 33,000円/30日分※2 基本利用料で読取可能な項目数 6000項目/月 ※3 Mプラン トライアル期間60日間 220,000円/60日分※2 基本利用料で読取可能な項目数 6万項目/月 ※3 自動帳票仕分け機能 0円 (トライアル版に含まれる) 通常版※1【最低利用期間:12ヵ月(中途解約金あり)】 基本メニュー Sプラン 33,000円/月 基本利用料で読取可能な項目数 6000項目/月 ※3 Mプラン 110,000円/月 基本利用料で読取可能な項目数 6万項目/月 ※3 Lプラン 220,000円/月 基本利用料で読取可能な項目数 20万項目/月 ※3 インターネット接続サービス月額利用料 +プロバイダサービス月額利用料

※1) 提供を開始した日から30日を経過すると、自動的に本サービスの契約が終了します。
お申し込みにより、基本メニュー(通常版)および自動帳票仕分け機能(通常版)への変更が可能です。なお、基本メニュー(通常版)および自動帳票仕分け機能(通常版)から基本メニュー(30日間トライアル版)および自動帳票仕分け機能(30日間トライアル版)への変更、基本メニュー(トライアル)におけるプラン間の変更はできません。

※2) 30日分の基本利用料を一括で請求し、30日以内に解約された場合、返金はいたしません。なお、従量利用料が発生した場合は、複数回の請求となる場合があります。

※3) 基本メニューで利用した読取箇所が当該料金月の上限(6千)に達していない場合は、残分を自動帳票仕分け機能に上限内で充当します。利用可能な読取箇所の上限は、日割り計算いたします。トライアル版の定額上限項目は、プラン1(0.6万/月)の30日分相当となります。

※4) 30日間トライアル版をご利用後に利用される場合も、通常版のお申し込みが必要です。その場合は、通常版のご利用開始日から12ヵ月間が最低利用期間となります。

※5) 最低利用期間の途中で解約された場合、残月数に応じた所定の中途解約金を一括でお支払いいただきます。
・基本メニュー:残月数×23,100円
・自動帳票仕分け機能:残月数×13,750円
◎ 基本メニュー(通常版)において、月額利用料の安いプランから高いプランへ変更した場合に限り、解約金は不要です。それ以外の最低利用期間内での変更には解約金をお支払いいただきます。
◎ 月の途中でプラン変更した際は、該当月の各プラン利用日数に応じて日割り計算いたします。

従量利用料
◎各プラン毎に定められた従量上限項目数を超える1箇所ごとに課金(従量上限項目数 プラン1:0.6万、プラン2:6万、プラン3:20万)
読取箇所 ブランク チェックボックスやマークシート・押印 左記以外(住所・電話番号・氏名等) 基本メニュー Sプラン 3.3円 3.3円 3.3円 Mプラン 0.55円 0.55円 1.1円 Lプラン 0.11円 0.11円 1.1円 自動帳票仕分け機能 1.1円 1.1円 1.1円

※合算金額の小数点以下は切り捨てとなります。

オプション利用料
金額 サービス内容 初期費用 50,000円※1 業務ヒアリング ● ご利用帳票、ご利用システム確認 ● インポートデータ形式確認 ● 納品物調整 ● ご利用方法レクチャ 月額費用 個別御見積 AI OCR「かみ⇒デジ」運用支援 ● OCR読み取り作業 ● 読取結果確認、修正 ● インポートデータ作成・納品

※1) 初期費用は一括で請求し、サービス開始前に解約された場合、返金はいたしません。

※2) 上記に加え、別途AI OCR「かみ⇒デジ with AI inside」のご契約が必要となります。

導入モデルに基づく費用例

業種:
小売業
従業員数:
80名
システム手入力対象:
取引先から受領する請求書100枚、仕入伝票500
かみ⇒デジ読取必要箇所:
4000箇所
かみ⇒デジ読取箇所数計算

【対象毎の読取必要箇所】
請求書:請求元企業名、請求日、請求額、支払期限、請求明細、振込先口座(5箇所)
仕入伝票:仕入元

【計算式】
請求書100枚×読取必要箇所5箇所=500箇所
仕入伝票500枚×読取必要箇所7箇所=3500箇所

お見積もり例
Sプランの読取可能項目数6000箇所/月を下回るため、基本メニュー+自動帳票仕分け機能をご利用の場合、
55,000/月
で「かみ⇒デジ」のご利用が可能です。

ご利用開始までの流れ

  1. STEP 1
    お申込み
  2. STEP 2
    弊社による業務ヒアリング(オプションありの場合)
    ご利用帳票、ご利用システム、取り込み用データ形式確認、納品物調整
  3. STEP 3
    AI OCR「かみ⇒デジwith AI inside」導入・初期設定
  4. STEP 4
    アカウント発行
  5. STEP 5
    ご利用方法レクチャ(オプションありの場合)
  6. STEP 6
    ご利用開始

よくあるご質問

スキャンしたデータはどのようなファイル形式でも大丈夫ですか?スキャンしたデータはどのようなファイル形式でも大丈夫ですか?+
PDF、JPEG、PNG、TIFF等の画像ファイルに対応しております。(2021年8月時点)
導入に当たり、何か準備するものはありますか?+
特別に準備頂く必要はなく、インターネットに繋がったパソコン、帳票をスキャンするスキャナ(複合機でも可)があれば可能です。
「かみ⇒デジ」で読取できるのは、どのようなものがありますか?+
手書き文字やFAX受信データ、チェックボックスなど幅広く読取可能です。
印字の鮮明度や紙のスキャン状態により読取可能性が変動するため、詳しくはお問い合わせください。
スキャナーの機種や読取ファイルについて制限はありますか?+
スキャナーの機種に特に制限はありません。
詳しくはお問い合わせください。
自社にはITに詳しい担当者がいないのですが、「かみ⇒デジ」の導入は可能でしょうか?+
弊社のサポートスタッフが導入からご利用定着まで徹底的にサポートさせて頂きます。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

下記のフォームに必要事項をご入力の上、「入力内容を確認する」ボタンを押してください。後ほど担当者より折り返しご連絡いたします。
会社名
部署
役職
氏名
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お問い合わせ内容