オープンソースを活用することにより5年試算で
1000万円以上の営業システム維持コスト削減となりました。

東京メンタルヘルス株式会社 専務取締役
武藤 収 様

業種 利用人数 利用者 導入前の課題
メンタルヘルスケア 30人 営業・カウンセリング・アカデミー ・既存顧客管理システム の保守期限が到来
・事務所外からのアクセスニーズに非対応
・試用中CRMのライセンス費用のコストが膨大

<企業概要>

・1985年の設立より30年間、職場のメンタルヘルスに専門性を持ち、企業ではたらく方たちのこころの健康を支援してきました。
メンタルヘルス研修、ストレスチェック、従業員満足度調査、ハラスメント対策、社外相談窓口、リワークなどメンタルヘルス領域を全てカバーする
だけでなく、離職率を軽減させるメンタルヘルス戦略などについても業界のパイオニアとして、官公庁・上場企業をはじめとした日本を代表する組織
の方々に対して心の専門家の立場で支援をさせていただいております。

<直面していた課題>

・変化の激しい事業環境に対応したい
心の時代と言われる一方、法人向けメンタルヘルスサービスは企業の内製化が進んでおり、決して良い事業環境とはいえません。
企業としての事業継続を考えた場合、システムの利用部門が丸ごと変わったり、全くの新規の事業が生まれるようなケースにも対応できる拡張性と
柔軟性に富んだプラットフォームの構築が必要だと考えていました。既存システムの保守期限到来までにスピード感をもって実現できる方法を選定
する必要があったため、通常のウェブ検索などで見つかるようなサービスには要件合致の該当がなく、悩ましい状況にありました。

・利用人数×ライセンス費用から解放されたい
弊社は企業向けにメンタルヘルスサービスを提供しているだけでなく、個人向けのカウンセリングサービス、メンタルケアのプロを育てるアカデミー
事業などを運営していており、これらの3事業に関わるメンバーをシステム利用者に含めると30名以上となりました。1年かけて導入検討中であった
市場シェアの高いCRMシステムの場合、1名15,000円/ 月であったため、積算するとそのシステム維持コストは自社ではまかないきれないレベルと
なることが想定されました。


・商談開始から見積・請求書発行、さらに入金管理業務までをカバーしたい
顧客管理を中心に見込顧客管理から成約・請求・入金までをリアルタイムに記録・管理・分析するニーズが従来よりありましたが、既存システムの
機能制限もあり、ACCESSも多用して局所的なシステム化と手動連携で運用していました。結果的にシステムの分散がケアレスミスやムダを多く生ん
でいると認識しながらも、そのような多重管理常態化を解消する手立てが見つけられない状況でした。

<課題解決後の姿>

・「お客様」を中心に事業間プロセスをシステム統合
法人営業、カウンセリング事業、アカデミー事業、それぞれの顧客を属性で区分けしながらも統合管理できるように「リード管理(見込管理)」
「顧客管理」の入力項目を構成しました。個人顧客については、会員向けのメールマガジンをシステム上で発信できるようにメール機能も活用しまし
た。見積・請求書については、自社のオリジナルフォーマットでデザインし、社印あり・なし、日付あり・なしなど、顧客の細かいニーズに対応でき
るように複数パターンのひな形を用意してもらいました。システム上から印刷して三つ折りにするとそのまま窓付き封筒で郵送できるようになり、事
務の手間が大幅に削減されました。法人顧客向けの営業プロセスを中心としながらも、個人顧客向けのカウンセリング予約・管理・報告書作成、アカ
デミー講座管理なども統合できるようになり、長年の懸案であった会社全体の事業間プロセス統合のための基盤を作っていただきました。


・利用人数制限なしの料金体系を活用して契約パートナーにもシステム解放
法人営業、カウンセリング事業の運営には正社員だけでなく、個別の専門性・人脈を生かしていただける個人・法人の契約パートナーに支援していた
だいています。利用人数×ライセンス費用から解放されたことにより、権限区別で利用機能を制限する方式を前提として、利用していただける方の対
象を一気に広げることができています。カウンセラーに対しては、自身のカウンセリング実績を記録・管理できる画面のみを限定利用可能とするなど
、これまで紙やFAXなどでやりとりしていた業務の効率化が大きく前進しました。


・会員向けサービスの拡充、電話相談のCTI化などの将来に向けた基盤作り
日本全国の企業に影響する労働安全衛生法改正の施行が目前に迫ってきているなど、これからも絶えず事業環境の大きな変化に直面することでしょう。
同業他社とは一味変わったお客様向けサービスを実現するためには、会員向け制度や電話相談サービスの拡充など不断の改善が不可欠だと考えていま
す。そのための基盤作りが今回できたと思っています。弊社は今年で創業30年を迎えます。こころの問題については、テクノロジー進化の裏返しとし
て、専門家の支援が行き届かない範囲がさらに広がり、深刻化していると考えています。こころの支援をすべての人に届けるミッションを実行するた
め、事業環境の大きな変化にも揺るがないような強固な事業基盤を築いていきたいと考えています。今後ともご協力お願いいたします。



  • <会社概要>
    社名:東京メンタルヘルス株式会社
    所在地:〒1710021 東京都豊島区西池袋2-39-8ローズベイ池袋ビル3F
    代表者名:武藤 清栄
    従業員数:80名
    URL:http://www.tmaweb.net/houjin
  • ○ 企業情報

    株式会社エクスブレーン(EXBRAIN co., ltd.)
    本社:〒379-2122
    群馬県前橋市駒形町1481-1
    東京支店: 〒170-0004
    東京都豊島区北大塚2-15-9 ITY大塚ビル7F
Copyright©EXBRAIN, Inc. All rights reserved.